パルティスの原点は、「良いものを持っているのに発信するノウハウの無い(特に)中小組織のために役に立つ」ところにあります。

このことを具現化していくために、以下のようなサービスを提供してまいります。

組織内にプロフェッショナルな広報部門を構築

契約が切れた途端に発信能力が失われてしまうというようなことが無いように、組織内にプロフェッショナルな広報機能を有する部門を構築することを目指します。そのために、以下のような段階を踏みます。

<1>広報基盤整備期間

他業務との兼務でも構いませんので、組織内に広報担当者(または部門)を決めてください。広報に向いているのは以下のような人材です。

  • 好奇心が強く、日頃から新聞を読むなど様々な分野にアンテナを張っている
  • 自分の頭で「考える」力がある
  • きちんとした文章を書くことができる
  • コミュニケーション能力が高く、多くの人に思っていることを正確に伝えることができる

決めていただいた広報担当者とともに、その組織に応じて、以下の広報基盤を整備し、実際の発信の仕方の指導を行います。

1.その組織の基本情報整備

  • 組織・部署名、役職名、商品・サービス名などの名称が、ぶれることの無いように整理して確定し、組織内に周知。必要ならば英語名も併せて確定させる。
  • 組織や商品・サービスの魅力のキーポイントを抽出し、文章や写真、動画、イラスト、図、ロゴ、イメージカラーなどの素材を揃える

2.発信媒体の整備および発信の仕方の指導

  • ホームページ
  • リーフレット、パンフレットなど
  • ブログ、SNS、YouTubeなど
  • ニュースレター、広報誌など

3.パブリシティ基盤の整備および発信の仕方の指導

  • メディアリスト整備
  • プレスリリース発信
  • プレスイベントの開催 ※内容により費用は別途

<2>広報発信アドバイザー期間

決めていただいた広報担当者がある程度自分でこなせるようになった後、アドバイザーとしてフォローいたします。もうアドバイスも不要になった段階で、契約終了といたします。

費用について

その組織の規模や取り扱い分野、その組織既存の広報機能の完成度などにより、発生する業務量が大きく変わることから、正確な費用につきましてはお見積もりを提出させていただきます。

目安として、以下の5人以下の小規模組織の場合の費用をご参照ください。

なお、カメラマンやデザイナーなど、外部に発注する際は別途費用がかかります。ホームページ制作は、簡易なものに限り、以下の<広報基盤整備期間>の費用に含めることが可能です。

詳細はお問い合わせください → お問い合わせ

PRコンサルテーション費
<広報基盤整備期間>
100,000円(税込)/月
※3〜4ヶ月をイメージ。(詳細は要お見積り)
PRコンサルテーション費
<広報発信アドバイザー期間>
50,000円(税込)/月
※組織内広報担当者が
アドバイスを不要とするまで
(PRコンサルテーション期間中の)記者発表開催100,000円(税込)〜/件